サトナシール

抗糖化
エイジングケア
糖尿病合併症予防

  • HOME
  • サトナシールとは

サトナシールとは

サトナシールは、糖化物の分解の観点からスクリーニングされた3種類のハーブミックスです。
糖化反応生成物(糖化して変性したタンパク質)は生体に悪影響を及ぼすことが明らかになって来ましたが、生体における糖化物の分解は、生体内に存在し糖化物を分解する酵素の活性化と、糖化物の架橋切断によって達成されると考えられています。
サトナシールは、ヒト臨床試験の結果から、抗糖化作用だけでなく、糖代謝改善作用および肝機能改善作用も示唆された、トータルエイジングケアを訴求する抗糖化ウェルネス素材なのです。

血中糖化生成物に及ぼす影響

血糖値が高めの被験者にサトナシールを100mg/dayで12週間連続摂取させたところ、血漿ペントシジンが有意に低下しました。
抗糖化作用

このことから、サトナシールには、生体内の糖化物低減作用が期待できます。

空腹時血糖に及ぼす影響

血糖値が高めの被験者にサトナシールを100mg/dayで12週間連続摂取させたところ、空腹時血糖値が有意に低下しました(健常な範囲での低下)。
糖代謝改善
このことから、サトナシールには、糖代謝改善作用が期待できます。

肝機能に及ぼす影響

血糖値が高めの被験者にサトナシールを300mg/dayで12週間連続摂取させたところ、血清ALT(GPT)が有意に低下しました(健常な範囲での低下)。
肝機能改善
このことから、サトナシールには、肝機能改善作用が期待できます。

製品規格

性状 本品は灰褐色~褐色の粉末で特異なエキス臭を有する
乾燥減量 8%以下
ヒ素 2ppm以下
重金属 20ppm以下
一般細菌数 3,000個/g以下
真菌数 300個/g以下
大腸菌群 陰性

推奨摂取量

100~300mg/日

用途

エイジングケア、抗糖化

使用例

サプリメント、健康食品など

サトナシールのリーフレットのダウンロードはこちら
Download

■からだサポート研究所の製品一覧